収入と税金

バイトの給料と税金

A子さん「どうしよう...」先生「おや、A子さん、どうしました!」A子さん「私、パートで働いているんですけど、この調子でシフト入っちゃうと年収103万円超えちゃいそうなんです。だから来月からシフト調整しなきゃなって...」先生「なるほど。いわゆる『103万円の壁』というものですね?」A子さん「そうです。」先生「ちなみになんですけど、103万円を超えると具体的にどうなるか、ご存知ですか?」A子さん「え?税金を取られることになって、働き損になっちゃうんですよね」先生「では、税金を取られるとして、いくら取られるかは分かりますか?」A子さん「う~ん。よくわからないです」先生「...実はパートやアルバイトで働いている多くの方がA子さんと同じ悩みを抱えています。つまり『年間のお給料103万円を超えて働くと損をする。だから絶対に103万円以内に抑えないといけない』と

高収入アルバイトと配偶者控除

103万円以上の給料だと損をすると思いますか?A子さん「はい、そう思っています。」先生「では、具体的にその103万円の根拠はご存知ですか?なぜ100万円でも105万円でもなく、103万円というキリの悪い金額なのか。ご存知ですか?」A子さん「そう言われれば、なぜ103万円なのでしょうか?」先生「実は103万円の壁というのは、大して悩むことではないのです。103万円の正体は、夫が所得税の配偶者控除を受ける場合の妻の収入の上限が103万円というということなのです。先生「ひとつずつ解説していきましょう。そもそも税金の仕組みから理解しないとなりません。」A子さん「なんだか難しそうですね。」先生「そういった先入観を持っている方は多いと思いますが、なんだか難しそうなままで終わらせてしまうのはもったいないです。知らず知らずのうちに損をしているかもしれません。」実際、夫がいない独身女性の場合は配偶者控除は関係ありません。稼いだからといってて手元に残る金額が今より減ってしまうわけではないので稼げるなら稼いだ方が得をします。


栄町ソープの料金プラン

税金と経費

まず、税金というものは、自分が手にしたお金に税率をかけて出た金額を支払うというのはなんとなくイメージが出来るでしょうか?A子さん「はい、それでしたらなんとなく」先生「ここでひとつポイントなのですが、自分が手にしたお金(大半はお給料になるかと)すべてに税率をかけるわけではない、ということです。A子さん「どういうことでしょう?」先生「例えば月の手取りが10万円だったとしても、そこから食費、水光熱費、家賃、自動車のローン、養育費、交際費などなどいわば生活していくための必要経費が引かれていくので、その10万円を全部自分の自由に使うことはできないですよね?」A子さん「その通りです。できれば全額自由に使いたいですが」先生「税金は、その必要経費を引いた金額に税率をかけて算出します。」